motochan’s blog

中国語、プログラミング、登山、子育て

韓流映画 最近のはまりごと

NURO光に変えたら、無料のFirestickが届いた。

とにかく最近、韓国映画にハマっている。

 

という訳で、しばらくテーマを韓国映画に絞って更新します。

 

見た映画

 

何気に閲覧。

なにやらタイタニックのような感じで、船上で争うストーリー

ちょっとグロいですが、グイグイ引き込まれました。

(嫁はんには、キモイと言われました)

 

内容は書籍で読んでいたので納得

やはり証拠って大事ですね。

(嫁はんには、すっきゃな~と言われました)

 

話題になりましたね。

見ごたえありました。

最後、必ず誰かが死にますね。

(嫁はんには、子供に見せられないシーンがあると言われました)


強いですね。

何か頑張る勇気をもらいました。

もちろん最後にどなたかは、死にますけどね

(嫁はんには、言いませんでした)

 

時間が止まる設定ですね。

ストーリーが良かったです。

これは割とハッピーエンドかなあ

(嫁はんには、いちおう勧めました)

 

2回目です。

しかし、二度見でも飽きません。

続編も見たいです。

 

流し見。だるい

 

さらに、きもい

 

 あかんやろ

 

高晓攀刘亚津小品《带着爸妈去旅行》台词剧本-中文台词网


[2020岁岁又重阳]喜剧串联《带着爸妈去旅行》 表演:张海燕 刘亚津 高晓攀 代文雯 龙洋|CCTV春晚

高晓攀刘亚津小品《带着爸妈去旅行》台词剧本-中文台词网

 

儿子:爸,您坐这歇会儿。(お父さん、しばらくここに座って休んでてね)

爸爸:哎呀。(おっと)

儿子:我给您倒点水。(水を持ってくるよ)

爸爸:又渴又累。(喉が渇いて疲れた)

儿子:得,水还没了。(あれっ、水がもうないよ)

爸爸:啊。(ああ)

龙洋:哎,两位看着挺眼熟,你们在干嘛呢?(おやっ、お二人は見覚えがありますが、何してるです?)

爸爸:姑娘。(娘さん)

儿子:哎对了,你们这有超市吗?(そうです、このへんにスーパーはないの?)

龙洋:荒山野岭的,超市,没有,你想喝水是吧?(荒野の山です。スーパー?あるかいな・・・水が飲みたいんでしょ?)

高晓攀、刘亚津:嗯嗯。(うんうん)

龙洋:我上家里给你们取去。(あなたたちのために、家まで取りに行くよ)

爸爸:回家?(家に帰るって?)

龙洋:嗯。(そう)

爸爸:你家住哪儿?(家はどこなんだい?)

龙洋:火焰山。(かえんざん

爸爸:哎哟,等你把水取回来,我们把真经也取回来了。(そうかぁ、水を取ってきてくれたら、我らはもうひと頑張りできるからな)

儿子:二师兄说得对。爸,您坐这歇会儿,我就是想带您出来旅旅游,比在家里待着强多了。(二师兄の言うとおり。お父さん、座って休んで、旅行に連れて来てあげたかったんだ、家にいるよりずっといいよ)

爸爸:是强多了,在家里边天天天在那待着,别说,跟你妈的感情越老越好了,你看看你媳妇,到处拍照,那什么时候才能爬上山(もっと強くなった、家の中で毎日あそこにいるが、それどころか、嫁さんの仲は、年を取れば取るほど良くなってきて、ほら嫁さんを見てみろ、どこでも写真を撮りまくって、一体いつになったら山に登れるのか?)

 儿子:爸,能不能别老管我媳妇儿,我媳妇那是陪你媳妇儿拍照,你都管不了你媳妇,我哪能管得了我媳妇儿。(お父さん、私の嫁に構うのはやめてくれないか、私の嫁はあなたの嫁に付き添って写真を撮るのだから、お父さん自身が嫁を構うことができないのに、どうやって自分の嫁を構うことができるというのか)

爸爸:谁说管不了,今天我就让你看看,什么叫一家之主。(どうでもいい、今日は見せてやる、一家の長が何だってことを)

儿子:行。(よし)

妈妈:来,儿媳妇,来。(こっち,儿媳妇、こっち)

爸爸:您来了啊。(やっと来たのか)

妈妈:给我拍一个迎风招展。(風を切っている写真をお願い)

媳妇:好看,妈,这支造型好看。(いいです、そのポーズとってもいいです)

妈妈:好看吧。(わかったわ)

媳妇:哎。(うわぁ)

妈妈:再给妈拍一个天女下凡。(お母さん、天女が下界に下りたところをもう一枚)

媳妇:美的美的美的……(きれい、きれい、きれい)

妈妈:再给妈拍一个,妈给你下一腰。(もう一枚お願い、ここから腰を下ろすから)

儿子:哎,妈妈妈……(ああ、だめだめだめ)

爸爸:您这还下腰,您这腰在哪儿呢。(これ以上腰を下ろすって、いったい腰はどこにあるのか)

妈妈:这不是。(それは違うわ)

爸爸:您老人家年轻的时候就下不去,这上了岁数了就算了。


[2020岁岁又重阳]喜剧串联《带着爸妈去旅行》 表演:张海燕 刘亚津 高晓攀 代文雯 龙洋|CCTV春晚

高晓攀刘亚津小品《带着爸妈去旅行》台词剧本-中文台词网

 

息子:お父さん、しばらくここに座って休んでてね。

父:おっと。

息子:水を持ってくるよ。

パパ:喉が渇いて疲れた。

息子:さあ、水がなくなったよ。

父:ああ

龍陽:おい、お前ら二人は見覚えがあるようだが、何をしているんだ?

パパ:女の子。

息子:そうだよね、ここにスーパーはあるの?

龍陽:荒野の山、スーパー、いや、水が飲みたいんだろ?

ガオ・シャオパン、リウ・ヤジン:うーん。

龍陽:お前らのために家まで取りに行くよ。

父:家に帰る?

龍陽:うーん。

お父さん:ご家族はどこにお住まいですか?

龍陽:火焔山。

パパ:痛っ、水を取り戻せば、真の聖典も取り戻せるよ。

息子:次兄の言うとおりです。 パパ、ここに座ってしばらく休んでてね、旅行に連れて行ってあげたいんだけど、家にいるよりずっといいよ。

お父さん:はるかに強い、自宅で毎日その滞在では、言うまでもなく、あなたのお母さんの気持ちで、古いほど良い、あなたの嫁を見て、どこでも写真を撮って、そのときに山を登る。

息子:お父さんは、常に私の嫁を制御することはできません、写真を撮るためにあなたの嫁に同行することである私の嫁は、あなたの嫁を制御することはできません、私は私の嫁を制御することはできません。

パパ:誰が彼女をコントロールできないと言ったの? 今日は一家の長であることの意味を教えてあげよう。

息子:OK。

母:お嫁さん、おいでよ。

パパ:来たんだね。

母:風を歓迎するためにショットを与えてください。

嫁:お母さん、これは良さそうですね。

母:美味しそうだよね。

嫁:ねえ。

ママ:天女が降臨しているママをもう一枚撮影。

嫁さん:綺麗な綺麗な綺麗な ......

ママ:ママのためにもう1つ撃つ、ママはあなたに次の腰を与える。

息子:ねえ、お母さんお母さん ......

親父:まだ腰が落ちてないな、この腰はどこにあるんだ。

母:そんなことないよ。

親父:おまえのおっさんは若い頃は伏せられなかったし、これは年をとってからもそうだよ。

 

儿子:爸,您坐这歇会儿。

爸爸:哎呀。

儿子:我给您倒点水。

爸爸:又渴又累。

儿子:得,水还没了。

爸爸:啊。

龙洋:哎,两位看着挺眼熟,你们在干嘛呢?

爸爸:姑娘。

儿子:哎对了,你们这有超市吗?

龙洋:荒山野岭的,超市,没有,你想喝水是吧?

高晓攀、刘亚津:嗯嗯。

龙洋:我上家里给你们取去。

爸爸:回家?

龙洋:嗯。

爸爸:你家住哪儿?

龙洋:火焰山。

爸爸:哎哟,等你把水取回来,我们把真经也取回来了。

儿子:二师兄说得对。爸,您坐这歇会儿,我就是想带您出来旅旅游,比在家里待着强多了。

爸爸:是强多了,在家里边天天天在那待着,别说,跟你妈的感情越老越好了,你看看你媳妇,到处拍照,那什么时候才能爬上山。

儿子:爸,能不能别老管我媳妇儿,我媳妇那是陪你媳妇儿拍照,你都管不了你媳妇,我哪能管得了我媳妇儿。

爸爸:谁说管不了,今天我就让你看看,什么叫一家之主。

儿子:行。

妈妈:来,儿媳妇,来。

爸爸:您来了啊。

妈妈:给我拍一个迎风招展。

媳妇:好看,妈,这支造型好看。

妈妈:好看吧。

媳妇:哎。

妈妈:再给妈拍一个天女下凡。

媳妇:美的美的美的……

妈妈:再给妈拍一个,妈给你下一腰。

儿子:哎,妈妈妈……

爸爸:您这还下腰,您这腰在哪儿呢。

妈妈:这不是。

爸爸:您老人家年轻的时候就下不去,这上了岁数了就算了。

Todo

11/19

  • ロイヤルホームセンター→機能的商品が多い
  • →レシートは店名地名をめもり廃棄、予算用に価格は参考に記録
  • 仮名文字パスワード便利 →自分の名前 qjx[0msvx

 

11/18

  • GITコマンドの暗記 → チートシートのダウンロード
  • 壁紙2枚に貼り付け実施

tipstour.net

言語学習(1)

語学はフレームワークだという事を最初に言いたい。

 

そういう意味で言えば、プログラミングも同じである。

 

最近、AI関係の仕事に関わりだし、

いわゆる自然言語処理などの研究をやっているんだが、

なおさら、そういうことを意識するようになってきた。

 

今日から開始する自分の勉強理論を、

こちらでボチボチ書いていきたいと思う。

 

1)Would you happen to know … ? 『~をご存知だったりしますか?』

happenって、中学で覚えたが、こんな時に使うとは知らなんだ・・・

これ中国語で言えば、你知不知道? と言う反復疑問文になります。

 

では、日本語ではどんな言い方があるかと言えば、

最初に「ひょっとして」「もしかして」と言う出だしを伴いますね。

じゃあ、これは英語、中国語では何というの?

 

in case  万一; if   如果;maybe  说不定,也许,probably  或许

Are you perhaps      也许,或许,可能 

 

これだけの言い方があるんですね。

 

 

ブログのテーマについて考えていること

初めに

 中国のカラオケ「シャオピンゴ」の日本語字幕を作ってみたが、動画再生を見ても役にも立っていない気がする。それでも、自分がこだわってきた理由は、難解な中国語の発音や聞き取りに対して、それが唯一のハードルを下げる方法だったからである。

 ここ数週間、語学学習の延長線上で、様々なサービスに接続したのであるが、中国の人口が圧倒的に多い。相手は日本語を勉強したいということもあって、海外からの日本語学習者の、ほとんどが漫画やアニメから始まっていて、日本人への交流につながり、そして実際に、かなりの数の女性からWeChatの交流を申し込まれた。

 そんな中で一つ残念なことがあるとすれば、外国人にとって、日本のお笑いというものについては、ほとんど理解されていないという感覚である。

 

お笑い

 例えば、年末から流行した「ミルクボーイのコーンフレーク」という漫画があるが、あの内容を、中国人や英語圏の人に伝えるのが非常に難しい。

 漫才といえば、言葉が標準語ではなく、 関西弁の微妙なニュアンスがあり、これを外国語に翻訳しようとするのは、かなり難しい。ネタがアメリカ人が知っているコーンフレークであったとしても、そもそも何が面白いのかという、ネタの中にある価値観がそもそも違うからである。

 しかしながら、彼らの漫才における、「あるある」「ないない」の繰り返しは、外国人がそれまで理解できなかった漫才という概念を、ルーティンの会話という枠組みを提示したことは、歴史的な価値があると言っても過言ではない。

 この会話を広げる手法は、お笑いの発祥の地である関西弁や、日本の漫才を世界に知らしめることができる可能性があり、間違いなく世界を変えていく、お笑いにつながると考えている。

 

課題

 数年前にピコ太郎が、リンゴとパイナップルを組み合わせて、ペンパイナップルアップルペンをリリースしたが、あれはあれで面白かったが、逆にあれが日本の笑いかというと、それは失笑に過ぎないのである。

 ミルクボーイのお笑いがなぜ面白いかというと、仮に中国人に伝えようとするならば、一般的な中国人が食べているゴマ団子のようなもの、アメリカ人ならば、スーパーで売られているブランド品に置き換えると、うまく伝わるのではないかと思う。

 話をしているときに、相手を笑わせることを重視して民族は、関西人以外に無いのではないだろうか? これは一般的な日本では通用しない感覚であり、逆を言えば唯一、日本人が世界に向けて発信できるメッセージでは無いかと思ってしまう。

 つまり、私が言いたいのは、日本はアニメや漫画文化の話ではなくて、大阪のお笑い文化を世界に発信していくことが大事だと思っていて、これは国策に通じると思っている。

 中国には相声という分野があって、日本人の漫才や落語に近い、非常にレベルの高いお笑い文化がある。まずは、近くにいる中国と日本のお笑いを合体させて、英語圏の人たち、そして世界に発信していくことが重要と考えられる。

 そして、中国人だけでなく、海外の人もターゲットにするためには、中国語と英語への翻訳が必要で、まずは日本語の音声入力で設定して、中国語と英語への同時通訳におけるAI活用が必要になってくる。

胡夏 Hú xià /那些年 Nàxiē nián 途中の会話

以前にソラカラでも取り上げた

胡夏 Hú xià /那些年 Nàxiē nián

(ソラカラ読みで、「風車/成しえねん」)

であるが、曲の途中に

沈佳宜 Chénjiāyí  シェン・ジアイー【チェンジ愛】

柯景腾 Kējǐngténg  ケ・ジンテン【かじったん?】

のセリフがあり、

どうしてもここが歌いたくて仕方ない。

 

youtubeを見てても、字幕がつぶれて読めない。

 

そこでBAIDOにて検索すると、

下記のトピックスを発見!

zhidao.baidu.com

 

中華のことは、中華に聞け。

こんな諺があるかどうか知らないが・・・

 

さっそく、ここの答えが返ってきたので

AI翻訳してみると、

dict.youdao.com

 

「对啊、真幼稚、才会追你这样努力用功读书的女生、还这么幼稚的追你那么久」

(そうよ、幼稚だから、こんなに一生懸命勉強している女の子を追いかけて、こんなに幼稚に追いかけてきたのよ)

 

が返ってきた。

 

 しかしながら、やはりこんなフレーズを歌の間奏で

突っ込むには、かなり中国語の達人でないと無理だろうなあ・・・

(しかし、ここは完コピのためには、是非ともやり遂げたい)

 

 

 翻訳(mayumi)を使って何度も、

読み聞かせするが、なかなか正確に変換してくれない。

 

 自分の場合は、どうやら

有趣 Yǒu

幼稚 Yòuzhì

のところがダメみたいだ。

 

 しかたなくWechat友に聞いてみたら、

4声をはっきりさせることが重要

とのこと

 

とりあえず、この辺を今まで適当に過ごしてきたわけで・・・

 

まして

カラオケには声調は、あって無いようなもの

だから

 

なかなか、これからの日本人が中国語を学ぶ壁は高そうである。