motochan’s blog

中国語、プログラミング、登山、子育て

COVIC19対策 室内換気

さてさて、コロナの件で日増しに感染者が増大する中、

大半の患者が軽症なので、自宅待機を余儀なくされているが、

これは武漢の例でもあるように、自宅内での

家庭内クラスター発生の原因である。

 

そんな訳で、外出しようがするまいが、

家族内に患者が出た段階で、

自宅から避難しないと、どうしようも無いのである。

 

コロナ対策のアプローチ的には3つあって、

1)ウィルスを不活性にさせること

2)ウィルスの侵入を防ぐこと

3)ウィルスを除去すること

である。

 

対策1)は、アルコールや次亜塩素酸水などでの、ウィルス自体への攻撃である。

 

対策2)はマスクやゴーグル、手袋着用といった、防御策である。

 

対策3)は、陰圧室や換気施設などの設置で、基本的には、ウィルスを遠ざけるか、ウィルスの密度を下げるという対策である。

 

 

自己防衛

 

現時点では外出自粛を徹底し、自分が感染しないということが第一ではあるが、

もしも家族に感染者が出てしまったらどうすればいいのか?

 

現在、医療機関においても、ホテル滞在にしても、家庭内隔離にしても、

最終的には、対策3)が非常に重要である。

 

そもそも、感染症対応可能な病院施設と言うのが、いわゆる

陰圧室を設けた対策3)が万全な施設であるのだから・・・

 

簡易的な方法

 

ネットで調べたところ、簡易なテントと換気用ファンがあれば、

これは実現できそうである。

 

テントはあまり豪勢なものを備える必要はなくて、

アウトドアや登山に使える物であればいいだろう。

 

換気用ファンについては、家庭内焼肉や、はんだ付け、溶剤などを使う

工作用にも使えるし、または夏場の屋根裏換気、冬ならば布団乾燥など

いろんな用途で使いまわしが効くだろう。

 

という訳で、下記の商品を購入することとした。

(ホン&ガーン)Hon&Guan ダクト用換気扇 産業用排風機 中間取付 ダクトファン 丸形タイプ 125mm 110V HF-125S

GW中は、これらの工作を進めて、万全な体制を構築しようと思う。